庖丁コーディネータ・庖丁調整士

主婦の皆さま、日々の「食」を元気に!料理包丁の切れ味で料理の味を変える。毎日の料理が楽で、愉しくなる料理包丁のコーディネイトを年間350名の方々に提唱。料理の決め手は「切り口」と「だし」。食素材を活かす料理包丁を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京の土壌

豊かな食文化を持つ京都。京料理、京のおばんざい、京野菜など、その背景を支えて来たのが京の食道具・庖丁。
京の庖丁の歴史は古く、平安京遷都とともに多くの鍛冶師が定住した事に始まったと云われている。彼らの技術力もさること乍ら、注目すべきは京都の土地柄。
1、伏見稲荷山の土   2、鳴滝の砥石    3、丹波の松炭   4、山陰の砂鉄が容易に入手
5、良質の水
庖丁造りに適した材料に恵まれた京都は、やがて全国を代表する庖丁の生産地となった。現在、日常生活から料理人の道具まで優れた品質と使い易さは多くの人々を魅了し続ける。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。