庖丁コーディネータ・庖丁調整士

主婦の皆さま、日々の「食」を元気に!料理包丁の切れ味で料理の味を変える。毎日の料理が楽で、愉しくなる料理包丁のコーディネイトを年間350名の方々に提唱。料理の決め手は「切り口」と「だし」。食素材を活かす料理包丁を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「京もん」が、持て囃される理由?

京都は長い歴史の中で研鑽されたソフトが蓄積されている處。


巷でのディスプレイやパッケージが洗練されているだけでなく、ストーリー性ある文化と云うソフトでくるまれているからこそ、京もんには魅力が出るのではと思います。


工芸品、食品、お料理いずれの世界にも名人がさりげなく、どこにでも居られるのが京都のモノづくりの凄さで、京都でしかない職が千軒ほど在ると云われています。

そんな匠と云われる職人さんそれぞれが影響し合い、レベルの高いモノづくりをされているのが京都の良さでは。




海外や地方から入洛されるのは、京文化の香りを求めて来られるのではないでしょうか?

京の町は日本文化のテーマパークで、その文化が多岐に渡って、しかも深い。

例えば食の分野では、京料理は少量で集約された食の芸術。また料亭は活きた食の美術館の様に。

これは当に文化で、システム化しない京都の良さが現代人の憧れになっているのでしょう。



大量生産、大量消費の時代が見直され、現代人が反省をし始めると

益々、京文化強いては京もんに人気が出て来るでしょう!














スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。