FC2ブログ

庖丁コーディネータ・庖丁調整士

主婦の皆さま、日々の「食」を元気に!料理包丁の切れ味で料理の味を変える。毎日の料理が楽で、愉しくなる料理包丁のコーディネイトを年間350名の方々に提唱。料理の決め手は「切り口」と「だし」。食素材を活かす料理包丁を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

柳刃刺身 庖丁 (やなぎば さしみ)

柳刃刺身庖丁

 最も官能的な庖丁、柳刃刺身庖丁。

刺身庖丁の刃は長い。これは手前の刃元から刃先の切っ先までを使い、動きを止める事なく一気に刺身を引き切る片刃の庖丁です。
切れ味の鋭さで、素材の組織をつぶさない様に薄くて、幅が狭く刃渡りが長く造られていますから、端正なお刺身を造れます。
この庖丁は菖蒲の葉っぱに似ている事から、一部では正夫(しょうぶ)とも呼ばれています。

 皮を引いたり、時にはごく細やかな小骨のある魚や細身の魚をおろす時など、また料理の切り分けにも使えます。
きりっと立った刺身の角、艶のある切り口の美しさを生み出すだけでなく素材の味そのものにも深く関係しています。日本の食の美、用の美を完成させた庖丁です。


 料理をされない男性の方でも男の料理を試み、自分のオリジナルの道具「庖丁」を誂え、自分で造った刺身で酒肴を愉しむのも一興でありますよ。
おもしろいもので、昔から関東では「刺身」を、関西では「お造り」と云われる言の葉の違いに、魚や料理に対する考え方が表れている様に思えます。

 何はともあれ、端正な庖丁で、ただ手前に引くだけで吸い込まれる様に、素材に”スッ”と入っていく。この感覚を是非、実物の本物で感じて頂きたい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。