FC2ブログ

庖丁コーディネータ・庖丁調整士

主婦の皆さま、日々の「食」を元気に!料理包丁の切れ味で料理の味を変える。毎日の料理が楽で、愉しくなる料理包丁のコーディネイトを年間350名の方々に提唱。料理の決め手は「切り口」と「だし」。食素材を活かす料理包丁を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

骨切り 庖丁 

骨切庖丁

  鱧(はも)の骨を切る為の特殊庖丁で、鱧切り庖丁とも呼びます。

 アイナメやイシモチなど小骨の多い魚の骨切り用にも使う片刃の庖丁で、手にするとズシリと重く、迫力のある庖丁です。
峰を厚く重く造っておりますが、刃先は皮一枚を残して細かく切れる様に薄く、しかも刃こぼれしない様に粘りをもたせた焼き入れ、本刃付けを施しております。
骨切りは庖丁の重さを利用して、1センチに6~7回、身の手前から向こうへリズミカルに刃を入れていきます。

 夏の京都では、特に出番の多い庖丁です。何せ、鱧祭りがあるくらいですから。


 刺身、出刃、薄刃の三種類の庖丁が色々な素材を切るのに対して、限られた素材や用途に使われるものを特殊庖丁と呼んでいます。素材や用途に合わせた、型や大きさ等があり様々です。
特殊庖丁だからと云って、何も身構える事はありません。それぞれに用途や目的が違うだけで、それなりに使えば良いだけです。


 確かな業物(わざもの)を手にしたいと云う気持ちは押さえ難いでしょ?

 「竹 上」の銘が切って在る限り、その質は保証されています。

 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。