FC2ブログ

庖丁コーディネータ・庖丁調整士

主婦の皆さま、日々の「食」を元気に!料理包丁の切れ味で料理の味を変える。毎日の料理が楽で、愉しくなる料理包丁のコーディネイトを年間350名の方々に提唱。料理の決め手は「切り口」と「だし」。食素材を活かす料理包丁を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

、、、、 は、洗  練  されている。

芸能人のデビュー前とメジャーになられてからの姿が明らかに違う。


 時が経っているのに、何故か年齢の高くなった現在の方が良く見える。おそらく人に観られる仕事と云う事もありプロのメイクさんが携わったり、衣装もコーディネートされているであろうと思う。また自身が所作や姿勢を気にされる様になられたのだろう。
デビュー前のあか抜けない姿とは、明らかに違って見える。


 「洗  練」 された結果である。


どんな職種も、素人とプロは明らかに動きが違う。   芸術品も、良きモノとは洗練されたモノである。


 
 洗練とは、一言で云うとあか抜けた様と云う事になると思いますが、あか抜けしていないとは不必要なものが余分に在ったり、もたつきが在ったり、センスが悪かったり、また調和がとれていなかったりと様々挙げられると思います。よって、無駄を省いてバランス良く調和を考え、計る事が洗練に繋がっていくと理解しています。


 あらゆる芸術品を観ても諸要素のバランス・調和は最も重要な事であります。
道具も同様で、素材・型・色・機能美などが使われる方の要求を満たされているかが問われます。
グラスひとつを取ってみても、見た目だけが良くても手に持った時の重さが違和感を感じたり、飲みにくければ洗練されたモノとは云えない。
グッドデザインなどに選ばれているモノや日用品を見てみると、使い勝手の良いモノが、やっぱり形も良く、デザインも優れている。凝ったデザイン性だけで使いにくくなってしまえば、真に良いデザインとは云えないし、形も必ずしも良くはない。
数多くの要素に対して「バランス良く」状態を保たれているものが洗練だと思います。


 時代による洗練度の変化もあり古い時代のものであるから良いとか、近代的なものであるから良いと云うものではなく、総合的なバランスやセンスで伝統的な部分も近代的な面でも様々な洗練が進み、熟成され発展してきたと思います。

  
 

 人間も同様、美しいもの・良いものを、常日頃から鑑賞し、感じる習慣で感性が磨かれ、また洗練された「人」と接する事でマインドが伝染され自身が発展し、様々な洗練を進めていけるのではないだろうか。

  
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。