FC2ブログ

庖丁コーディネータ・庖丁調整士

主婦の皆さま、日々の「食」を元気に!料理包丁の切れ味で料理の味を変える。毎日の料理が楽で、愉しくなる料理包丁のコーディネイトを年間350名の方々に提唱。料理の決め手は「切り口」と「だし」。食素材を活かす料理包丁を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一見さん(いちげんさん)お断り。

料理屋さんで、

店が客を選ぶ。誰と行くか、紹介が有るか無いかで、

出てくるものも味も違ってきます。

時には、内の料理は、おたくさんが召し上がって貰うても

何にもオイシイ事おまへんで、と云われて入店をお断りされたりする。



凄く感じ悪い対応ですが、これが文化で、

歴史やプロセスへの理解がないと、味わえないと云う事です。

お店側もお客様のプロセスを理解していないと、

味も含め、おもてなしが出来ないと云う事です。



調味料や砂糖の味に慣れきった舌を持つ現代人の多くは、

精進料理の、食材の本質が全部出ている料理を、

オイシイと思わない人もいるでしょう。

そんな事を、云われている様にも思います。




しかし、昔ながらの京都らしさを伝える料理屋さんも

必要やと感じます。















スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。